バイオ

ギタリストDoug Layng Aldrichは1964年2月19日、ノース・カロライナのRaleighで生まれ、非凡な才能を持った平凡な男性でした。この才能豊かなミュージシャンは彼の人生のより良い時期を、Jackson、Fender、またはLes Paulといった6弦楽器の熱心なパートナーとして過ごしてきました。世界中でヒットメーカーとなり、日本ではトップ5になるほどの評判を得、LAに本拠地を置いているDougは、11歳の頃、彼の姉のJenniferが彼にJeff Beckを教えた時に、自分が音楽とギターが大好きなんだということに気付きます。「僕は妹Janetのクラシック・ギターに引き付けられて、徐々にプレイの仕方を教わったんだ。」1年後、DougはペンシルヴァニアからワシントンDCに移り住み、最初のエレキ・ギターを手にします。それは彼の初期のアイドルJimmy Pageが考案したレス・ポールギターの古いコピーでした。まだギターを始めてそれほど経っていない時期に、Dougは近所の友達数人とPurple Hazeというバンドを結成します。彼は最初、ベーシストとしてバンドを探そうとしていましたが、彼のバンドメイトは彼にギターを勧めました。 --Dougの最大の運命がすべて決まった瞬間でした。毎週末、バンドはBlack Sabbath、Led Zeppelin、UFO、Van Halen、Deep Purpleのようなバンドの曲をジャムり、学んでいきました。彼はこういったアーティストの曲を楽しんでプレイしていましたが、Dougが最も影響を受けたアーティストは、Jimi Hendrix、Eric Clapton、そしてJeff Beckでした。後にDougはStevie Ray VaughnやGary Mooreのような新しいスタイルのプレイヤーからもいろいろ学びます。

高校へ入る頃に一家はフィラデルフィアヘ。Dougはこの頃からステージを体験し始めましたが、ここで、のちにLlONで行動を共にするJerry Best(b)と出会い、Jerryの弟を加えたトリオ・バンド「FIGHTER」を結成しています。そしてその後、高校卒業と共に西海岸へ移った彼は、 Jerryも呼び寄せ「MANSFIELD」をスタート。この「MANSFIELD」で彼らは精カ的に売り込みを図る事になりましたが、残念ながらヴォーカルが弱いという理由で、レコード会社から良い返事はもらっていません。この後、幾つかのクラブ回りをしていく中で名を広めた彼は、Kal Swan(V)と活動していたMark Edwards(d)から誘いを受けます。最初はツイン・ギタリストというバンド編成に難色を示しますが、数カ月後、MarkとKalの2人だけで再出発しようとするプロジェクトに参加。べ一スにJerryを推薦し、後にLIONのスタートにつながっていきます。

80年代初期に、フィラデルフィア出身のDougはロサンゼルスに移住し、KISSのリード・ギタリストのオーディションを受けます。彼は、自分が若すぎて未熟だということは十分に判っていましたが、この経験によって、彼は今でもGene Simmonsとの交友関係を持っています。この経験はDougのターニング・ポイントとなり、Dougは自分のギタリストとしての才能に気付きます。ある日LAで、Dougと、彼の学校の仲間でありベーシストでもあるJerry Bestは、Kal Swan、Mark Edwardsと共にLionというバンドを結成します。Lionはとても成功しました。バンドは2枚のアルバムをレコーディングし、MTVの「Head Bangers Ball」でトップ20ビデオにランキングされました。この期間、Dougはとても引く手あまたのギター講師でした。彼は1週間に70人を越える生徒に教えていました。Dougの生徒の中にはとても優秀なギター・プレイヤーもおり、彼らはプロのバンドで演奏するようになっていきました。「僕を驚かせるような凄い生徒が数人居たよ。」とDougは言います。Lionが解散したすぐ後に、DougはHurricaneとHouse of Lordsというバンドで活動しました。DougはHouse of Lordsの「Sahara」アルバムで大きな注目を浴びました。特に「Blind Faiths」と「Can't Find My Way Home」での彼の演奏は素晴らしいです。彼は仕事についてはこのアルバムにはリストされていませんが、このアルバムのおよそ90%くらいのギターを彼が演奏しました。

90年代になると、DougとKal Swanのクリエイティブなエネルギーは、再度バンドを結成しようという気持ちにつながっていきました。バンド名はBad Moon Rising。バンドはベーシストにIan Mayo、ドラマーにJackie Ramosを迎えました。バンドはアジアとヨーロッパに飛び立ち、アルバムをレコーディングし、ヨーロッパと日本で数々のツアーを経験しました。この期間に、Dougは「Highcentered」、「Electrovision」というソロ・アルバムで、彼の非凡なギターの才能を発表する機会を得ます。 Dougは自分の耳を一般的なギターの技法を完璧にこなすことから遠ざけ、自分の楽器を使ってミュージシャンとして自分らしさを追求することを示しています。たとえば、自分の楽器の限界を試すことや、標準的な音楽の壁を打ち砕くようなギターのサウンドやトーンを引き出すこと。ロック・ギタリストが速い音符(またはたくさんの音符)を弾けるように必死に努力している時、Dougは違ったやり方を好んでいました。「僕は少ない音符を演奏することの方が好きで、いつも新しいメロディーとサウンドを追求している。みんなが聴いた事のないような、ほかの誰も出したことのないサウンドをね。」と、彼は彼のブルース・ベースのソングライティングのテクニックについて語っています。Dougの好きな技法の一つは、無数のギター・ペダルのアウトプットをtweak traditionにつなげて、ギターの音速を作り直すことです。「僕はおかしいところを探すんだ。正確に出来なかったら、しばらく待つんだ。」と彼は言います。「僕はそれほど前面にストレートに出てこないかわったグルーヴを得るのが好きで、もっと独特なシンコペーションのあるリズムの追求しているんだ。」

6弦ギターの真の巨匠、Dougの音楽、特に選ばれた彼の楽器への情熱はとても深いものです。25本を越える彼の様々なギターは、数本のコレクター・ヴィンテージのレス・ポール、ギルド・アコースティック、そして幅広いフェンダー・ストラトキャスター-彼の一番好きなギターによって成り立っています。同じようにアンプも揃っています。クラシックなフェンダーにはマーシャルのアンプを配置し、普段練習するのに使っています。Dougはそれぞれのギターについて、サウンドを生み出す、その独特な特長や役割を説明してくれます。例えば、その素晴らしいサウンドから、彼は1973年の左利き用のストラトキャスターでレコーディングするのを楽しんでいます。Doug個人のレコード・コレクションには、Count BasieやDuke Ellington、Miles Davisなどのアルバムが含まれており、Bob DylanやNeil Young、Velvet Underground、Beach Boysなどの音楽の中にインスピレーションを追求しています。「音楽的には僕は今でも古い音楽を聴いているよ。自分のルーツを失いたくないからね。流行を追うのに興味はないんだ。むしろ自分が何を一番上手く出来るかということに集中したいし、僕の能力を最大限に生かしたい。」