WHITESNAKE

(2003 - 2014)

ヴォーカル:  David Coverdale
ギター & ヴォーカル:  Doug Aldrich / Reb Beach
キーボード & ヴォーカル:  Timothy Drury / Brian Ruedy
ベース & ヴォーカル:  Marco Mendoza / Uriah Duffy / Michael Devin
ドラム:  Tommy Aldridge / Chris Frazier / Brian Tichy

Whitesnake新メンバー決定し、DougがWhitesnakeのギタリストとして正式加入。2003年にアメリカ・日本、2004年にはヨーロッパ、英国をツアー。そして2005年、再びアメリカをツアーを敢行。2005年のツアーよりMarco Mendozaに代わり、Uriah Duffyがベーシストとして参加。2008年Dougが参加してからの待望のニュー・アルバムを発表。また、このアルバムのレコーディング以降、Burning Rainのツアーにも参加したドラマー、Chris FrazierがTommy Aldridgeの後任としてバンドに参加。さらに2010年、Uriah Duffy、Chris Frazier、Timothy Druryがバンドを脱退。ドラマーとしてBrian Tichy、ベーシストとしてMichael Devin、キーボーディストとしてBrian Ruedyが加入。2013年、ドラマーのBrian Tichyが脱退、Tommy Aldridgeがバンドに復帰しました。そして、2014年5月7日、Dougはバンドを脱退。