Revolution Saints

(2014 -)



リード・ヴォーカル、ドラム: Deen Castronovo
ベース、ヴォーカル: Jack Blades
ギター: Doug Aldrich

Deen Castronovoは、すでにJourneyやBad Englishなどのバンドにおいて、才能あるドラムとバック・ヴォーカルで知られています。ベースには数曲でリード・ヴォーカルも担当しているJack Blades。彼はDamn YankeesやShaw/Bladesと同様に、メインのバンドであるNight Rangerの多数の初期のアルバムを通して、メロディックでもありハード・ロックなアプローチも見せるソングライティングとプレイで知られています。ギターにはDoug Aldrich。彼は、彼の燃え立つようなブルース・ギターのプレイをこのようなユニークでメロディックなバンドに注ぎ込むことに興奮していました。Dougは、Whitesnakeで12年の有益な活動(2010年の賞賛された共作「Forevermore」の発売を含む)をし、ちょうど脱退したところでした。そして、DIOの過去の在籍メンバーでもあり、Burning Rainでも活動しています。そして、正統派であり、今日の最も尊敬されるギタリストの一人です。

このプロジェクトは、Deenがリード・ヴォーカルであるプロジェクトで仕事をしたいと望んできた、Frontiers Recordsの社長、Serafino Peruginoの夢です。彼は以前にFrontiersでこの3人のアーティストと別々のプロジェクトで仕事をしたことがあり、Deen、Jack、Dougが一緒になったことで、Peruginoの夢が叶いました。プロダクションはFrontiers社内の人物、Alessandro Del Vecchio(このアルバムではソングライティングにも関わっており、キーボードもプレイしています。)によって行われ、レコーディングは2014年の夏の間にオレゴン州のポートランドで行われました。

REVOLUTION SAINTSの音楽は魂を打ち込んでプレイされており、ハイライトは、この3人の多才なベスト・ロック・ミュージシャン達の情熱と熱意です。本当に見逃せないリリースとなるでしょう!

(Frontiers Recordsより)