DIO

(2002 / 2005)

ヴォーカル:  Ronnie James Dio
ギター:  Doug Aldrich
ベース & キーボード:  Jimmy Bain
ドラム:  Simon Wright
キーボード:  Scott Warren

1989年、DioがCraig Goldyの代わりのギタリストを探しているとき、Dougはセッションに参加し、Dioにオファーを受けました。ところが、当時のDougはLionのメンバーとして活動していたため、このオファーを断りました。それから十数年たった2001年、Dougは再びDioのオファーを受けることになります。 DougはBurning Rainやソロ・アルバムに取り掛かっていましたが、Jimmy BainやDioのマネージャーからの誘いもあって、Ronnie James Dioに会い、新曲を聴かせてもらいました。その後、正式メンバーとしてDougはDioに参加することになりました。そして、Dougは ScorpionsとDeep Purpleと共に、初めての大規模なツアーに出ることになります。素晴らしい才能をもちながら過少評価されがちだったDougにとって、これは大きなチャンスだと思います。そして、このツアーで多くの人が彼の才能に惹きつけられています。数々のセッション活動で成長してきたDougは、この経験を積んで更に大きく成長し成功していきました。